NKM免疫細胞療法
-NKM meneki saibo ryoho-

最先端事例

研究開発に成功(小田NKM細胞治療法の特徴)

OKM-100
  • 培地は、免疫細胞培養の心臓部 ヒトNKM細胞培養用培地開発に成功
     モデルNo.:OKMシリーズ
    培地は「細胞の培養において、高質性な細胞の特性誘導の決め手となる心臓部分」と言われています。
    小田免疫研究所では、この培地の研究開発を続け、最高品質のNKM細胞培養培地を新しく開発しました(OKMシリーズ)
    これに伴い、小田クリニックでは、最高細胞質のNKM細胞治療を行っています。
    この培養地は小田免疫研究所のオリジナル商品で、現在小田クリニックのみが使用しています。
    他のクリニックのNK細胞とは異なります。
  • NKM細胞治療
    私どもでは、NK細胞治療をさらに進化させたNKM細胞治療という免疫治療を行っており、これはNK細胞を主とする細胞の増殖と同時に、T細胞・B細胞などをミックス(M)させて培養し、ガン細胞を強く攻撃する治療法です。
    NKM細胞治療の場合、1回におけるNK細胞の数は、(T細胞・B細胞・樹状細胞などを含む)約15~30億個の細胞数という驚異的な数となります。
  • 集中治療法
    NK細胞治療は、上記の基本型に加え、ガンなどの病状により、「集中治療法」があります。
    これは、通常1クールのNK細胞投与を短期間に先行して投与する集中型です。患者様の病状に合わせての個別対応となりますので、病状により、治療法を決定します。

症例

73歳、男性の場合

 
  • 主訴
    当小田クリニックまでご相談下さい。
  • 現病歴

    2002年7月、右脇下に腫れを発見。

    同年8月21日初診時腫瘍直径は8cm、近病院にて悪性リンパ腫(濾胞性)と診断。

    同年9月から抗癌剤による治療開始。3ヶ月経過後も改善なしと動悸、息切れなど副作用が激しい。

    同年12月来院。

  • 検査所見

    表在リンパ節:右側脇下大小不同なリンパ節触知(10x10cm3、6x6cm3、5x5cm3、2x2cm3 数個)

    結膜:黄疽(-)、貧血(+)

    胸部:異常なし

    腹部:異常なし

患者の免疫養子治療施行
投与回数 投与日 投与細胞数 副作用
1 2003年1月20日 29x108 なし
2 2003年1月27日 26x108 なし
3 2003年2月3日 33x108 なし
4 2003年2月10日 30x108 なし
5 2003年2月24日 30x108 なし
6 2003年3月10日 28x108 なし
脇の単純ヘリカルCT…断面像を10mm間隔・厚5mm 腫瘍部位:右側脇下(矢頭)
  • CT画像A
    CT画像 A
  • CT画像C
    CT画像 C
  • CT画像E
    CT画像 E

免疫養子治療前の画像

  • CT画像B
    CT画像 B
  • CT画像D
    CT画像 D
  • CT画像F
    CT画像 F

免疫養子治療6回投与後の画像

提携医療機関募集

提携医療機関募集

小田クリニックでは、 NKM免疫細胞療法において提携医療機関を募集しております。 お問い合わせや申し込みはお気軽に下記までご連絡ください。

Tel : 03-5273-0770

NKM免疫細胞療法