一般診療
-ippanshinryo-

内視鏡検査(金)

小田クリニックの内視鏡が選ばれる理由

 
内視鏡

内視鏡検査により癌やその他の病気を早期に発見し、最善の治療を選択することが小田クリニックでも可能です。 また、内視鏡で組織を採取することも可能で、より適切な診断ができるのも大きなメリットとなります。 入院は最低限(もしくは入院せず)で済み、患者様のストレスも軽減できるメリットがあります。 小田クリニックが導入している内視鏡は、世界で初めて胃カメラを実用化し、消化器内視鏡の世界シェア7割のオリンパス製。 細い、痛くない、不快感を払拭するため必要に応じた麻酔薬投与で、気付いたら終了し、食事を摂ることもできます。 小田クリニックでは、内視鏡の最権威である昭和医大と連携し、治験と臨床試験を積み重ねて、より信頼性の向上と高診断を可能としています。

※ポリープ切除は、1cm以内のものであれば当クリニックで対応させていただきます。

■ 問診票や各種説明書、同意書などがダウンロード、印刷し、ご来院前にご記入することが可能です。

胃カメラについて

口から細い管を入れて食道・胃・十二指腸を観察する検査です。
胃癌や胃潰瘍、胃炎の原因のほとんどはヘリコバクターピロリ菌という細菌の感染が原因であることが近年医学界では常識となってきました。
内視鏡検査では感染の有無をすぐ判断して除菌治療に繋げることができます。

■ 問診票や各種説明書、同意書などがダウンロード、印刷し、ご来院前にご記入することが可能です。

胃カメラ検査の問診票ページへ 

大腸カメラについて

肛門から細い管を挿入して大腸全体を観察する検査です。
大腸カメラでは大腸炎・潰瘍・大腸ポリープ・癌などの疾患を発見することができます。
特に大腸癌は食生活の欧米化に伴い近年増加傾向に有り、早期は症状が無いことがほとんどです。

■ 問診票や各種説明書、同意書などがダウンロード、印刷し、ご来院前にご記入することが可能です。

大腸カメラ検査の問診票ページへ 

定期健診のおすすめ

 

早期発見、より高診断にするため、ぜひ定期的に健診を受けましょう。 早期診断は患者様の医療費用の削減にも繋がります。 内視鏡によって微細な粘膜異常を診断し易くなり、早期発見が容易になることで患者様の負担の軽い処置で対応できます。

内視鏡検査でわかる病気
大腸がん/大腸ポリープ/十二指腸潰瘍/胃がん/胃潰瘍/胃炎/食道がん/逆流性食道炎
定期検診  

一般診療